妻が自己都合退職で、雇用保険を受給する予定をしている。今年の年収は、130万円未満である。

雇用保険の基本手当を受給している間は、健康保険の家族として認定することができないことになっています(日額3,611円以下を除く)。但し、基本手当が受給できるようになるまでには、退職してから大体3ケ月の給付制限期間があります。受給開始を待つまでの期間は、被扶養者として認定を受けることができます。

  1. 妻が退職 → 被扶養者として追加
    被扶養者追加届、申立書、離職票(写)により届け出
  2. 雇用保険・基本手当を受給開始 → 被扶養者から削除
    被扶養者減員届、雇用保険受給資格者証のコピー(両面)
  3. 基本手当受給満了 → 被扶養者として追加
    被扶養者追加届、申立書、雇用保険受給資格者証のコピー(両面)

Posted in: 扶養認定について