夫は自営業である。子供が2人いるが、健康保険は、夫の国民健康保険の扶養家族としている。ここ数年、夫の事業が 思わしくなく、国民健康保険料を滞納している時もあるようだ。 子供2人を私の扶養家族として認めてもらうことはできないのか。

自営業は業績の変動があるものなので、業績の良いときには子供を夫の扶養家族とするが、業績が悪くなれば夫の扶養家族から外し、妻の扶養家族とする、といった業績変動起因の収入変動を理由として被扶養者を異動させることはできません。

ただ、明らかに自営業の夫よりサラリーマンの妻の収入の方が多いと認識できるような場合には、申出に応じて子供さんを被扶養者として認定します。

被扶養者追加届、申立書の他に、夫の年間収入がわかる書類(確定申告書の写し)を提出して頂きます。

この場合の収入とは、総収入から直接的必要経費※を控除した額です。

直接的必要経費とは、その費用なしに事業が成り立たない経費のこと。

例)製造業の原材料費や人件費などの製造原価、卸売業や小売業の収入やこれに必要な運搬経費、サービス業の人件費等(減価償却費青色申告特別控除、交際費、福利厚生費、消耗品費、雑費等は原則認められない)

Posted in: 扶養認定について