健康づくりバロメータチェック(59歳ドック)

59歳に到達される被保険者およびその被扶養者(40歳以上)の方に、下記の特別健診を平成22年度より実施する。

制度の目的、趣旨をご理解の上、健康診断を受診いただき、これからの人生を健康で有意義にお過ごしいただくために、ご活用ください。

目的

  1. 対象となるご本人、ご家族の方が総合成人病健診(俗に言う、人間ドック検査)を受け、「健康状態の棚卸し」を行っていただく。
  2. 受診結果から得られた健康情報を元にして、今後のライフプランをお考えいただく。
  3. 受診結果から、メタボリック症候群の対象者・予備群と判定された場合、疾病を予防するにはどうすればよいかを特定保健指導を受けていただき、生活習慣を改善していただく。

対象者

  1. 年度中(4月1日~翌年3月31日)に59歳に到達する被保険者
  2. 上記1の被扶養者で、年度開始日の4月1日時点で当組合の加入員である方(40歳以上に限る)

健診内容と自己負担額等

対象者 59歳到達被保険者 59歳到達被保険者の
被扶養者(40歳以上配偶者)
基本検査と費用負担
  • 人間ドック(基本)
  • (男性)前立腺がん検査(PSA)
  • (女性)乳がん、子宮がん検査
  • 骨そしょう症検査
費用負担なし
オプション検査
・費用負担
各検査とも、全額自己負担(受診は任意)

①:(カフェテリアプラン対象):脳ドック、肺CT、頸動脈エコー、骨そしょう症検査

詳細な検査項目は対象者へ送付する募集案内を参照

②:①以外のオプション検査は、カフェテリアプラン対象外<腫瘍マーカー等>

検査機関 契約検査機関 <対象者へ送付する募集案内を参照>
備考
  • 脳ドック補助金を受け取ったことがない方は、補助金制度を利用し5,000円(税別)でMRI、MRA検査を受けることができます。
  • MRI、MRA検査を受けたことがない方は、この機会に受診ください
 

詳細は、対象者の方に個別に案内いたします。

その他注意事項

 

被保険者の方

  • 会社の定期健康診断は、受診不要です。人間ドック検査結果を事業主に報告しますので、定期健康診断を受診していただく必要はありません(事業主の検査結果の利用目的は、安全衛生法遵守のため)。
  • ただし、特殊健康診断(職業病健診)の対象者の方は原則として、特殊健康診断のみ会社で受診して頂く必要があります。
  • ご事情があって当健診を受診を希望されない被保険者の方は、健康保険組合まで必ずお申出ください(後日、会社の指定する健康機関にて定期健康診断を受信していただくことになります)。

 

被扶養者の方

  • 健康バロメータチェックが「家族健康診断」に代わります。
  • 毎年4~5月にお送りしている家族健康診断の案内書はお送りいたしません。