被扶養者が雇用保険の受給を申請したとき、受給を終了したとき

被扶養者が雇用保険の受給を申請したとき

被扶養者が雇用保険を受給した日(支給期間開始日)から、健保の扶養家族から減員していただく必要があります。(日額3,611円以下は除く)

届出が遅れた事により遡って減員される場合は、その間に使われた保険給付金を還付していただく事になりますので、ご注意お願いします。

減員日(=雇用保険支給期間開始日)について

【一般的な事例】

  1. 雇用保険の給付制限期間がない場合
    ○申込された日から7日経過した日(=待期満了日)
    ○待期満了日の翌日が支給開始日(=減員日)
  2. 雇用保険の給付制限期間がある場合
    【例】(雇用保険受給資格者証をご参照)
                  年月日
    待期満了 待期満了日   230615
    給付制限期間  230616-230915
    ⇒制限期間翌日が支給開始日(230916日付で減員)

①②の支給開始日は退職理由や申込日などより異なる場合がありますので、お手数をおかけし申し訳ございませんが、ご不明な場合は、手続き先のハローワークに問い合わせお願い致します。

減員の手続き(以下、健保までご送付ください)

  1. 減員届

    事業所が日新電機以外の方は各事業所の総務経由で送付下さい。

    添付していただく物

    ○健康保険証(穴あけで数箇所穴をあけておいて下さい)
    ○雇用保険受給資格者証のコピー両面

  2. 日新健保から減員された後は、国民健康保険に加入となります。
    手続きはお住まいの市区町村役所にてお願い致します。
    (日新健保から減員された証明が必要な場合は、ご連絡下さい)

雇用保険の受給を終了された時

雇用保険の受給終了されましたら、再度、日新電機健康保険組合の扶養家族に加入できますので、以下により申請下さい。

健保関係

  • 被扶養者追加届
  • 申立書

年金関係

  • 年金第3号

事業所が日新電機以外の方は各事業所の総務経由で送付下さい