移送費を受けられるとき

病気やケガで移動が困難な重病患者が、医師の指示により一時的、緊急的必要性があって、保険診療を受けるために医療機関へ移送された場合で、健保組合が認めたときに、「移送費」(被扶養者の場合は「家族移送費」)として健康保険組合から現金給付として支給されます。

診療を受けるための普通の通院費用は対象になりません

移送費の支給を受けるには、事前に健保組合の承認が必要です。

移送費の支給要件(次のいずれにも該当していると当健保組合が認めた場合)

  1. 移送の目的である診療が、保険診療として適切であること
  2. 患者が診療の原因である病気やケガにより移動を行うことが著しく困難であること
  3. 緊急その他やむを得ないものであること

具体的事例

健康保険法施行規則第80条に基づく行政通達:「移送費」支給の具体的事例

  1. 負傷した患者が災害現場等から医療機関に緊急に移送された場合。
  2. 離島等で病院にかかり、又は負傷し、その症状が重篤であり、かつ、傷病が発生した場所の付近の医療施設では必要な医療が不可能であるか又は著しく困難であるため、必要な医療の提供を受けられる最寄りの医療機関に移送された場合。
  3. 移動困難な患者であって、患者の症状からみて、当該医療機関の設備等では十分な診療ができず、医師の指示により緊急に転院した場合。

支給額

  1. 最も経済的な通常の経路および方法により、移送された費用を基準に算定された額(その額が実費を超えた場合は実費)です。
  2. 必要があって医師等の付添人が同乗した場合は、原則として一人までの交通費で①と同様に算定します。

申請書類はこちら

  • 移送費承認申請書(移送届)
     
    書類
    移送費支給申請書(健保組合承認後に使用)
     
    書類

書類提出上の注意

A4用紙でプリントアウトして使用してください。(裏紙は不可)

プリントアウト後、必ず記名・捺印の上提出してください。

【事業主が証明する欄がある書類】

日新電機(株)の方は健保に提出、上記以外の方は各事業所業務部等担当者に提出してください。

【事業主が証明する欄がない書類】

健保に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。