医療費通知について

健康保険組合をより深くご理解いただくために

みなさんが医者にかかったときの医療費は、いくらかかっているのでしょうか。本人、被扶養者の外来、入院いずれも医療費の3割(6歳未満および70歳以上は2割)を窓口で支払うだけ(入院時の食費については本人、被扶養者とも別途負担あり)ですので、医療費がいくらだったのか、意識しにくいしくみになっています。

そこで、健康保険組合では、健康保険組合制度をより深くご理解いただくため、「医療費のお知らせ」を作成し、みなさんが受診された医療費をお知らせしています。

ご不明な点は健保に問い合わせを

内容に疑問の点がありましたら当組合へおたずねください。

医療費は、事業主とみなさんから払っていただいている貴重な保険料から支払われています。医療費が増加すればわたしたち個人個人が負担する保険料も増加しかねません。適正な受診を心がけましょう。