健保からのお知らせ

2019/8/2

(健康づくりWEBかわら版2019年8月号) 片頭痛について

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2019年8月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 つら~い片頭痛、解放されたい!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
原因となる病気は見当たらないが、繰り返し起こる頭痛を慢性頭
痛と言い、15歳以上の約4割が慢性頭痛に悩んでいるそうです。
慢性頭痛には片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などがありますが、
この中でもこれからの台風シーズン(気圧変化など)も関係してく
る片頭痛に注目してみることにしました。
そこで今回は『片頭痛』に関するお話です。

----------------------------------------------------------
★ 私の頭痛は片頭痛?! ★
----------------------------------------------------------
【頭痛が起きるメカニズム】
現在有力な説は、様々な要因によって脳の血管を取り巻いている
三叉神経が刺激され、血管を拡張する物質を放出することで、炎
症が起きる・脳の血管が拡張するなどにより痛みが起こると考え
られています。

【要因】
・月経や排卵、出産や更年期等の女性ホルモンの変化
・寝不足や寝過ぎ、飲酒
・ストレスやストレスからの解放
・まぶしい光や強いにおい、人ごみや騒音
・天候や気圧の変化、湿度や温度
                      など

【症状】
  痛みが4~72時間続く
     +
 以下の内2つ以上当てはまる
  ・頭の片側、もしくは両側に起こる
  ・脈を打つようにズキンズキンと痛む
  ・仕事や家事に支障がでる、または我慢できない痛みがある
  ・動くと痛みが悪化する
     +
 以下の内1つ以上当てはまる
  ・頭痛が起こると吐き気がする
  ・光や音に敏感になる

【予兆や前兆】
  ・空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみなどがある
  ・閃輝暗点(せんきあんてん)が見られる場合がある。
    視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分程続き、
    同時にもしくは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が
    起こる。

----------------------------------------------------------
★ 片頭痛が起きたら・・・ ★
----------------------------------------------------------
片頭痛が起きたときにできる対処方法をご紹介します。
 ・痛む部分を冷たいタオルなどで冷やす。
 ・入浴は控える。
 ・暗く静かな場所で安静にする。

ただし、生活に支障を来すほどの痛みがある場合には、かかりつ
け医や頭痛外来や神経内科などを受診しましょう。
痛みの程度が強くない場合、市販の頭痛薬なども症状緩和に効果
がありますが、「薬の使い過ぎによる頭痛」も懸念されています。
そのため、頻回の使用は避けるようにしましょう。

~プチメモ~ 「薬の使い過ぎによる頭痛」
 頭痛が起こることへの不安や恐怖心が強くなる。
  → 市販薬や処方薬を使う回数が増える。
  → 痛みに敏感になり、頭痛の頻度が多くなる。
  → 頭痛が複雑化して薬が効きにくくなる。

----------------------------------------------------------
★ 片頭痛に特化した薬がある?! ★
----------------------------------------------------------
●トリプタン製剤●
片頭痛を起こしていると考えられている三叉神経周辺の炎症を抑
え、脳の血管を収縮させる作用があります。片頭痛の痛みを感じ
たらすぐに使用することで最も効果を発揮します。
なお、トリプタン製剤には効果の現れ方や内服の仕方によって種
類が色々あります。また、脳梗塞や心筋梗塞・狭心症、重度の高
血圧・肝臓病がある方は使用できません。

●現在開発中! 抗CGRP抗体療法●
血管を拡張させる物質の作用を止める薬が現在開発中のようです。
国内外で治験(臨床試験)が進んでおり、痛みの消失・軽減効果が
期待されています。

その他、片頭痛に対しては必要に応じて予防薬が処方されること
があります。予防薬の使用に際しても、頭痛の頻度や生活への支
障の有無、治療薬の効果の有無など個人の状況に合わて検討され
ます。片頭痛に悩んでいる方は医療機関にご相談ください。

---------------------------------------------------------- 
★ 自分の片頭痛を知ろう「頭痛ダイアリー」 ★
---------------------------------------------------------- 
片頭痛がある方は日記をつけてみましょう。痛みの程度や内服状
況の他、予兆の有無、月経周期なども併せて記録してみると、自
分なりの傾向が分かるようになります。傾向が分かれば自分なり
の予防策を立てることができますし、受診時に記録があると、診
断や治療にもつながりやすくなります。ご自身の手帳や携帯電話
のスケジュール機能を活用いただくこともいいですね。
また、日本頭痛学会ホームページからもダウンロード可能です。
  一般社団法人 日本頭痛学会 http://www.jhsnet.org

---------------------------------------------------------- 
★ 最後に・・・ ★
---------------------------------------------------------- 
筆者は台風等の低気圧が近づいてくると頭痛を感じる頻度が増え
る傾向があります。近年気象の変化と不調との関係性の研究も行
われており、『天気痛』や『気象病』とも呼ばれています。ご自
身の片頭痛に天気が関係しているかも?!と思われる方は、頭痛
ダイアリーをつける際に、天気も記録してみるといいですね。
なお、頭痛の予防には自律神経を整えることや睡眠の質を高める
こと、ストレスをためないことなども大変重要です。片頭痛があ
る方は、日常生活の中でもご自身を労わるようにしていきましょ
う。

※今回の記事は以下を参考にいたしました。
・へるすあっぷ21 2017年6月号 p.46-53
 「もう天気痛に悩まない!」
・へるすあっぷ21 2018年5月号 p.46-53
 「つらい頭痛の対処法」
・NHKテキスト 今日の健康 2017年8月号 No.353 p.66-69
   「片頭痛」 
・NHKテキスト 今日の健康 2017年8月号 No.353 p.74-77
   「薬の使い過ぎによる頭痛」
                        以 上