健保からのお知らせ

2018/5/7

(健康づくりWEBかわら版2018年5月号)  『五月病』について

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2018年5月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

環境の変化が引き起こす『五月病』とは? 
         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
新年度から約1か月が経過し、緊張や疲れがピークに達するこの
時期。5月の連休を機に張りつめていた糸が切れ、なんだか気分
が優れないなど『五月病』といわれる症状が出ることがあります。

そこで今回は『五月病』に関するお話です。

———————————————————-
★ 五月病とは? ★
———————————————————-
五月病とは、医学的な病名ではなく、5月の連休後に憂鬱になる
/なんとなく体調が悪い/会社に行きたくないなどの軽いうつ的な
気分に見舞われる症状のことをいいます。

以前は若い新入社員や新社会人に多く見られていましたが、現在
は転勤や転職、部署異動など新しい環境に変わる中高年の人にも
増加しています。

主な原因はストレスや疲労で、症状としては、疲れやすい/頭痛
がする/眠れない/仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせ
ないなどの身体的なものから、やる気がおきない/気分が落ち込
む/何も興味がわかない/不安や焦りがひどくなるなど、精神的な
ものまでさまざまです。

これらの症状が長引くとうつ病にまで進行することがあるため、
思い当たる症状があるときは早めに心療内科や精神科を受診する
ことが大切です。

———————————————————-
★ こんな人は要注意! ★
———————————————————-
ストレスが多い現代では、だれでも五月病になる可能性がありま
すが、次のような方は特に注意が必要です。

●この春に就職・異動・転勤・転職した
●職場の雰囲気や人間関係などが変わった
●新たな責任やプロジェクトを任された
●生活リズムが乱れていた
●冬から春にかけて繁忙期で長時間残業を行っていた

~五月病からうつに発展しやすい方の特徴~
●几帳面で真面目
●責任感があり、全部を一人で抱え込んでしまう
●おとなしい
●完璧主義

これらに当てはまる場合でも、ストレスを上手く発散している方
やストレスに強い人は五月病やうつ病になりにくいと考えられて
います。

———————————————————-
★ 五月病を予防するには? ★
———————————————————-
五月病を予防するためには、ストレスや疲労を溜めないことが大
切です。疲労回復を心掛け、自分にあったストレスの解消法をみ
つけましょう。

●趣味に打ち込む
 料理・釣り・プラモデル・絵・読書など続けてきた趣味や好き
 なことをしましょう。脳内の「幸せホルモン(セロトニン)」
 の分泌が活性化し、ストレスが緩和されます。 

●運動をする
 身体を動かす時間をつくることで、緊張を和らげ心身をリラッ
 クスさせることができます。身体が重い感覚が続くようであれ
 ば、身体を動かしてみましょう。 

●身体のリズムを整える
 休日もある程度決まった時間に起き、生活リズムを崩さないよ
 う心掛けましょう。また、睡眠の質を高めるため、深夜までの
 仕事や就寝前にデジタル機器に触れることは出来るだけ避けま
 しょう。

●悩みを打ち明ける
 程度の差はありますが、周りには同じようなストレスを抱えて
 いる方がいるので、悩みを共有してみましょう。話せる相手が
 いない人は、文章に書いてみると問題が明確になり、新しい視
 点が見つかるかもしれません。

~食事面のポイント~
 セロトニンを生成する栄養素を含む食品であるバナナ、乳製品、
 大豆製品、さつまいも、いわし、白米(雑穀入り)などの摂取
 をお勧めします。 
 また、カフェインや甘いものは睡眠や内臓に悪影響を与えるた
 め、控えましょう。
 内臓の調子が悪い人は水分不足にも注意しましょう(摂取目安
 :1.5~2L/日)。

———————————————————-
★ 最後に・・・ ★
———————————————————-
自分は症状が出ていない場合も、周囲には五月病になっている人
がいるかもしれません。「ゴールデンウィーク後に様子がおかし
い」と感じたら声をかけ、みんなで五月病やうつ病を予防してい
きましょう。

※今回の記事は次の資料を参考・引用して作成しました。
・NIKKEI STYLE
 ~「変化の疲れ」が五月病の原因に 注意すべきはこんな人~
・eo健康~その症状、うつになる前に!~
                           以上