健保からのお知らせ

2018/4/2

(健康づくりWEBかわら版2018年4月号) 春は自律神経の乱れに注意!

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2018年4月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  春は自律神経の乱れに注意!
         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
春は「身体がだるい」「イライラする」「やる気が出ない」など
心身の不調を感じる方が多いようです。
これらの不調は朝晩の寒暖差や環境の変化によるストレスから生
じる、自律神経の乱れが原因かもしれません。
そこで今回は『自律神経』に関するお話です。

———————————————————-
★ 春に感じやすい不調ランキング ★
———————————————————-
ウーマンウェルネス研究会のアンケート調査による春の不調ラン
キングは次のとおりです。

1位 昼間眠い
2位 身体がだるい
3位 イライラする
4位 肩がこる
5位 気分が落ち込む
6位 ゆううつ感
7位 倦怠感
8位 目覚めが悪い
9位 不安感
10位 腰痛

春にこのような不調を感じる人は約9割で、身体の多岐にわたっ
ているのが特徴です。また、自律神経の乱れが原因の場合は、症
状が複数同時にあらわれることも多く、日によって症状に軽い・
重いなどの違いもあります。

———————————————————-
★ なぜ春に不調を感じるの? ★
———————————————————-
春は1年のうちで寒暖差が一番大きく、気温の変化に対応するた
め、身体は交感神経の働きが優位な状態(緊張状態)が続きやす
くなります。この状態では、疲れがたまりやすい、免疫力が下が
る、胃腸の働きが落ちる、肩や腰が痛くなる、身体が冷える、寝
つきが悪くなるなどの症状があらわれやすくなります。
さらに、春は異動・転勤・新生活の始まりなど生活が大きく変化
する季節です。普段より緊張する機会やストレスを感じることが
多く、自律神経が乱れやすくなります。

———————————————————-
★ 自律神経の乱れをチェックしてみましょう ★
———————————————————-
次の17の質問のうち、2つ以上当てはまったら要注意です。

①めまい・耳なり・立ちくらみが多い。
②胸のしめつけ、ザワザワする感じが時々ある。
③心臓の鼓動が急に早くなる、脈拍が飛ぶときがある。
④息苦しくなるときがある。
⑤手足が冷えるときがある。
⑥胃の調子が悪いときが多い。
⑦下痢や便秘が多い、又は繰り返す。
⑧肩こり、腰痛がなかなか治らない。
⑨手足がだるいときが多い。
⑩顔や手足だけ汗をかく。
⑪朝、起きるときに疲労感がある。
⑫気候の変化に弱い。
⑬やけにまぶしく感じるときがある。
⑭寝ても寝足りない。
⑮夢をよく見る。
⑯風邪でないのに咳がよく出る。
⑰飲み込みづらい、喉に違和感がある、ロレツが回らないときが
 ある。

日常生活に支障があるなど、気になる症状がある方はその症状に
あった病院の受診をおすすめします。

———————————————————-
★ 自律神経を整えるために・・・  ★
———————————————————-
自律神経を整えるため、次のことに気を付けてみましょう。

●決まった時間に起床し、朝食を食べる。
 休日もできるだけ決まった時間に起床し、起きた後はカーテン
 を開けて部屋に朝日が入るようにしましょう。また、朝食を食
 べることは生活リズムを整えることに有効です。

●自律神経を整える作用のあるビタミン・カルシウム・ミネラル
 を積極的に摂るよう意識する。
 ビタミンC…みかんやいちごなどの果物、野菜、いも類 
 ビタミンA…緑黄色野菜(人参など)、卵、レバー
 ビタミンE…ナッツ類、魚介類、西洋かぼちゃ、アボカド
 カルシウム…乳製品、豆腐、ゴマ、煮干し       など

●良質な睡眠をとる。
 就寝前に目元や首元を温める/アロマオイルでマッサージをす
 る/ハーブティーを飲む/音楽を聴くなど、リラックスできる工
 夫を取り入れてみましょう。

●体温調節ができる服装を心掛ける。
 簡単に着脱できる薄手のシャツやカーディガンなどを重ね着し、
 ストールを活用しましょう。また、カイロを常備しておくこと
 もお勧めです。
  
●ストレスを解消させる。
 イライラなどのストレスは外出して発散させましょう。ストレ
 ッチやウォーキングなど身体を動かすことで気分転換を図ると
 心身がリフレッシュできますよ。

———————————————————-
★ 最後に・・・ ★
———————————————————-
季節による影響は避けられないので、日常にちょっとした工夫を
取り入れ、春を楽しく過ごしたいですね。

※今回の記事は次の資料を参考・引用して作成しました。
・産業保健新聞 第15174号 ~春は自律神経が乱れやすい季節~
・ウェルラボ(ウーマンウェルネス研究会)
                         以 上