健保からのお知らせ

2017/5/8

(健康づくりWEBかわら版2017年5月号)『受動喫煙』について

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2017年5月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  受動喫煙について考えてみよう!
                                      
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

毎年5月31日は、世界保健機関(WHO)が「世界禁煙デー」と
定めており、今年で30回目を迎えます。また、厚生労働省は、平
成4年より5月31日~6月6日を「禁煙週間」と定め、普及啓発
を行っています。さらに、2019年9月にはラグビーワールドカッ
プ、2020年にはオリンピック・パラリンピックが日本で開催され
ることから、国内での受動喫煙防止対策強化を進めています。
そこで今回は『受動喫煙』に関するお話です。

———————————————————-
★  たばこの煙について  ★  
———————————————————-
たばこの煙には約4000種類の化学物質、約200種類の有害物質、
60種類以上の発がん物質が含まれています。また、たばこの煙の
種類としては、喫煙者が吸う「主流煙」、喫煙者が吐き出した
「呼出煙」、たばこから立ち上がる「副流煙」があります。喫煙
者はフィルターを通した主流煙を吸っていますが、周りにいる方
は、呼出煙と副流煙を吸っていることになります。この副流煙は、
不完全燃焼になりやすく、フィルターを通していないため、有害
物質が主流煙よりも多く含まれています。
具体的には、ニコチン・タールで数倍、アンモニアで数十倍です。
さらに喫煙後約45分ほどは、喫煙者の吐く息や衣服などからも有
害物質が放出されているといわれています。つまり、換気扇下や
屋外、喫煙所などで喫煙をしていても、その後周囲に対しての影
響はあるということです。

———————————————————-
★  受動喫煙による健康障害  ★  
———————————————————-
国立がんセンターの研究では、受動喫煙による肺がんと虚血性心
疾患によって、年間6800人が死亡しているとの報告があります。
また、1日20本以上喫煙する夫をもった非喫煙者の女性の肺がん
死亡リスクは、約2倍になるとの報告もあります。
さらに、子どもへの影響も深刻です。受動喫煙によって子どもの
呼吸器疾患や中耳炎、乳幼児突然症候群を引き起こすリスクも高
まりますし、早産や低体重児のリスクも高くなります。加えて、
子どもの誤飲で最も多いのもたばこです。

———————————————————-
★  世界の受動喫煙対策と日本の現状  ★  
———————————————————-
2010年7月に、WHOとIOC(国際オリンピック委員会)は、
たばこのないオリンピックを推進することで合意しています。合
意後、日本を除くすべてのオリンピック開催国・開催予定国は、
罰則を伴う法規制を実施しています。また、世界188か国の中で、
49か国(イギリスやカナダ、ロシアなど)が法律で公共の場所す
べてを屋内全面禁煙義務としています。
一方、日本には屋内全面禁煙義務の法律がありません。現状、健
康増進法第25条の中で受動喫煙対策を努力義務とし、自主的な取
り組みを推進しています。地方自治体によっては、公共の場所で
の喫煙を規制しているところもありますが、受動喫煙対策として
は世界最低レベルの水準です。

———————————————————-
★ 今後の受動喫煙対策 ★  
———————————————————-
厚生労働省が2017年3月に公表した「受動喫煙対策の強化につい
て(基本的な考え方の案)」の中で新たに導入する制度の考え方
を以下に記載いたします。

1、多数の者が利用し、かつ、他施設の利用を選択することが容
  易でないものは、建物内禁煙とする。
  (官公庁、社会福祉施設など)
2、1の施設のうち、特に未成年者や患者等が主に利用する施設
  は、受動喫煙による健康障害を防ぐ必要性が高いため、より
  厳しい「敷地内禁煙」とする。(学校、医療機関等)
3、利用者側にある程度他の施設を選択する機会があるものや、
  娯楽施設のように嗜好性が強いものは、原則建物内禁煙とし
  た上で、喫煙室の設置を可能とする。
  (飲食店等のサービス業他)

また、その他として、施設管理者に対し「建物内禁煙」「喫煙室
設置」等の啓示を義務付け、施設管理者や喫煙者本人に対する罰
則適用も検討されています。
なお、近年、加熱式たばこが販売されています。加熱式たばこと
は、火を使わずにたばこ葉を専用容器で加熱し、ニコチン入りの
蒸気を吸うものです。2017年3月現在では受動喫煙の健康への影
響について十分な知見が得られていないため、加熱式たばこも受
動喫煙対策強化の規制対象とする案が示されています。

———————————————————-
★ 受動喫煙について思うこと ★  
———————————————————-
日本の受動喫煙対策は、世界に比べて遅れています。その現状の
中で、喫煙者はどのように周囲の人に配慮を行っていくのか、非
喫煙者はどのように自分自身の身を守っていくのかを、少し考え
ていく必要があるかもしれません。是非この機会に、受動喫煙に
ついて考えてみませんか?

参考資料
①厚生労働省HP「受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考
え方の案)」http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000153190.html
②厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco
                            以 上