健保からのお知らせ

2021/5/6

(健康づくりWEBかわら版2021年5月号) 『ワクチン接種』の基礎知識

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2021年5月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 今だからこそ知っておこう!ワクチンのキホン

         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今、注目している情報の1つに新型コロナウイルスのワクチン接種
があるのではないでしょうか。
自分自身を守る、周りの大切な人を守るためにも、感染症対策や
ワクチン接種について考えていくことは大切です。
そこで今だからこそ、改めて『ワクチン接種』の基礎知識を確認
してみませんか?

———————————————————-
★ ワクチン接種による感染症対策 ★
———————————————————-
一度感染症にかかると原因となる病原体(ウイルスや細菌など)に
対する「免疫」ができる仕組みがカラダにはあります。免疫がで
きると、その感染症に再びかかりにくくなったり、かかっても症
状が軽くなったりするようになります。
このカラダのシステムを活用して、感染症にかかる前に「免疫」
を獲得させること、それがワクチン接種です。

また、人口の一定割合以上の人が「免疫」を獲得できれば、他の
人に感染しにくくなり、感染症が流行しなくなります。

感染症が流行しなくなると免疫を持たない人も感染から守られる
「集団免疫」を得ることが出来ます。

———————————————————-
★ ワクチンの種類知っていますか? ★
———————————————————-
ワクチンは病原体そのもの、もしくは病原体を構成する物質など
をもとに作られます。

【生ワクチン】  
弱毒化させた病原体そのものから作られたワクチンです。
接種するとその病気に自然にかかった場合とほぼ同じ免疫の獲
得が期待できます。副反応は軽度で済むことが多いですが、
その病気にかかったような症状を呈することがあります。

[代表例] MRワクチン(M:麻しん R:風しん)、BCG(結核)
     水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜ、ロタウイルス
     
【不活化ワクチン、トキソイド、組換えタンパクワクチン】
感染力をなくした病原体や病原体を構成するタンパク質から作ら
れています。1回の接種では必要な免疫を獲得・維持することが
できないことが多く、複数回の接種が必要となる場合がほとんど
です。
 
[代表例] 四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリ
オ)
     日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎
     肺炎球菌、ヒトパピローマウイルス

【メッセンジャーRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクター
 ワクチン】
ウイルスを構成するタンパク質の遺伝子情報を接種します。遺伝
子情報をもとに、ウイルスのタンパク質が体内で作られ、そのタ
ンパク質に対する抗体が作られることで免疫を獲得できます。
 
[代表例] 新型コロナウイルスワクチン

———————————————————-
★ ワクチン接種のココが気になる ★
———————————————————-
《副反応》
ワクチンを接種すると、接種部の痛み、発熱や頭痛、疲労感、筋
肉痛などが起こることがあります。多くは比較的軽く接種後1~
2日以内で起こり短期間で治まります。
万が一、定期接種のワクチンにより健康被害が生じた場合に備え
国は、『予防接種健康被害救済制度』を設けています。
また、ワクチン接種後に生じた症状について継続的に情報収集を
行い、国の審議会で安全性について専門家が評価しています。

まれに接種直後に副反応が起きることもあります。ワクチン接種
後しばらくは接種した医療機関にいるようにし、体調が変わりな
いことを確認するようにしましょう。

《定期接種と任意接種》
定期接種は予防接種法に基づいており、A類疾病とB類疾病に分類
されています。
A類疾病:発生とまん延の予防として誰もが受けるべき予防接種。
     定められた年齢や期間においては、公費で受けられる。    
B類疾病:重症化予防。費用の一部に公費負担がある場合がある。

任意接種は海外渡航によって接種することが望ましい場合や、定
期接種を受けそびれたり、対象年齢外で受ける場合などが該当し
ます。

【新型コロナワクチン】
まん延予防上緊急の必要性がある「臨時接種」になります。

《接種スケジュールと同時接種》
同じ種類のワクチン接種を複数回受ける場合には、ワクチンごと
に決められた間隔を守る必要があります。
異なる種類のワクチンを接種する場合の接種間隔ルールは、令和
2年10月1日より「注射」生ワクチン接種後に別の「注射」生ワ
クチンを接種する場合のみ27日以上間隔をおくこととなり、「注
射」生ワクチン以外の組み合わせでは、接種間隔の制限の設定が
なくなりました。
ただし、ルール上接種可能な期間でも、発熱や腫れ、体調を確認
し、医師に相談の上接種を受けるようにしましょう。

異なるワクチンの同時接種については、海外では一般的となって
います。日本でも乳幼児期に接種すべきワクチンの種類が増え、
同時接種を行うケースが増えてきており、日本小児科学会でも、
同時接種は一般的に行われる医療行為であるとの見解が示されて
います。

【新型コロナワクチン】
 原則として同時接種はできません。
 また新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに片方の
 ワクチンを受けてから2週間後に接種可とされています。

予防接種スケジュールがダウンロードできます! 
『NIID 国立感染症研究所ホームページ』【2021年4月21日閲覧

———————————————————-
★ 最後に・・・ ★
———————————————————-
新型コロナワクチンの開発・承認が進み、国内での接種も進んで
きています。情報社会の今、いろいろな情報が錯綜し、どの情報
が正しいのかが分からない!!という方もいらっしゃるかもしれ
ません。
新型コロナワクチンに関しての情報を知りたい!
そんな時には、まずは国が発信している情報からチェックしてみ
ましょう。
   ↓   ↓    ↓
『厚生労働省ホームページ 新型コロナワクチンについて
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

『首相官邸ホームページ 新型コロナワクチンについて
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

(R3.7.8追加)健保連本部 新型コロナワクチン接種情報

https://www.kenporen.com/corona-vaccine/

 

※今回の記事は次の資料を参考にして作成いたしました。
・厚生労働省 予防接種情報 【2021年4月21日閲覧】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/yobou-sesshu/index.html
・厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A【2021年4月21日閲覧】
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/
・厚生労働省 ワクチン接種間隔の規定変更に関するお知らせ【2021年4月21日閲覧】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou03/rota_index_00003.html
・厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き
 別添 臨時接種実施要領 https://www.mhlw.go.jp/content/000758538.pdf
・公益社団法人 日本小児科学会 日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/doji_sessyu20201112.pdf
                            以上