健保からのお知らせ

2020/7/1

(健康づくりWEBかわら版2020年7月号) 『熱中症予防』について

(転載)日本予防医学協会
    健康づくりWEBかわら版 2020年7月号より
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

Are you ready? #マスク夏  #コロナ夏 
         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

梅雨明け後の猛暑日は、毎年全国で熱中症が急増します。平年の
データでは、暑さのピークは7月末~8月上旬、8月末~9月上
旬の2回とされていますので、夏本番はこれから。
マスクをして過ごす息苦しい夏、油断せずに対策をとってクール
に乗り切りたいですね。
そこで今回は『熱中症予防』に関するお話です。

———————————————————-
★ マスク着用時に気を付けるポイントは? ★
———————————————————-
マスク着用で過ごす夏、高温多湿でのマスク着用は熱中症リスク
が高まるといわれています。
厚生労働省は5月下旬に「新しい生活様式」における熱中症予防
行動のポイントを発表しました。

マスク着用時は「心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温
度が上昇するなど、身体に負担がかかることがある」ため、次の
対策をとることが勧められています。

・野外では、少なくとも人と2メートル以上距離が確保できる場
 合はマスクをはずす
・マスクを着用する場合は、負荷の強い作業や運動は避け、こま
 めな水分補給を心がける
・熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効だが、家庭用エア
 コンは空気の換気を行っていないため、冷房時でも窓解放や換
 気扇での換気を行う必要がある
・少しでも体調の異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動す
 るべきだが、人数制限により屋内に入れない場合は、日陰や風
 通しの良い場所へ移動する
・日頃から体温を測定し、平熱を知っておく
・健康チェックを行い、日々の健康管理を行う      など

なお、熱中症の初期症状としては、めまい/立ちくらみ/気分が
悪い/筋肉がつるなどがあります。このような体調不良が起きた
ら、熱中症を疑って早めに対処することが大切です。
 
———————————————————-
★ 気温だけでなく「湿度」が高い日も要注意 ★
———————————————————-
ヒトには体温調整機能が備わっており、体温が上がれば汗をかく
ことにより気化熱で体温を下げ、体温調整をしています。
しかし、気温と合わせて湿度が高い日は、汗が蒸発しにくく、体
温を下げる働きが弱くなってしまいます。こんな日は本能的な機
能だけに頼らず、意識的に自ら体温を下げることが重要です。

【効果的なクールダウンの方法】
1、体内の血液を冷やす
 手首や首、ひじの内側やひざの裏側、こめかみなど脈拍が取れ
 る皮膚が薄いところを冷やすと効果的!保冷剤や冷感グッズを
 常備しておくと安心です。

2、体温を下げる食べ物を食べる
 旬の野菜はその季節に必要な栄養がたっぷり!夏野菜の多くは
 カリウムや水分が豊富で、利尿作用があるため、体内の熱を逃
 がし、効率的にクールダウンできます。
 
3、機能性を意識した装いを
 触るとヒンヤリする接触冷感素材や、汗が蒸発しやすいもの、
 通気性・吸湿性の高いものをチョイス!麻や綿、レーヨンなど
 のラインナップを揃えておくとよいですね。
 マスク着用で暑苦しいと感じる場合は、マスクにハッカ油スプ
 レーをワンプッシュすると清涼感のある香りに包まれます。

———————————————————-
★ 日常の中で意識すること   ★
———————————————————-
普段の生活の中で栄養と睡眠をしっかりとること、適度な運動を
すること、疲れやすいため無理をせず過ごすことに加え、次のこ
とを意識してみてくださいね。

●こまめな水分補給で脱水対策(目安:1日1.5リットル以上)
 ※多量の汗をかいた場合は、塩分も併せて補給を

●11時~15時ごろの日中の暑い時間帯の外出を避ける

●室内を涼しく保つ
 ・部屋はカーテンで日差しを遮る
 ・エアコンと扇風機を併用する
 ・温度計・湿度計を設置し【温度28℃】【湿度70%】を超えな
  いように

●ぬるめのお湯(37~38℃)で半身浴をし、発汗作用と血行促進

※屋内でも熱中症の危険があります!
 子ども、高齢者、病人など熱中症になりやすい家族がいる場合
 は、水分補給の他、顔色(赤)、汗の量、体調などをこまめに
 観察し、早め早めのクールダウンを心掛けてください。

———————————————————-
★ 暑さ指数 ①気温 ②湿度 ③日射量を把握する ★
———————————————————-
暑さ指数【WBGT(湿球黒球温度:Wet Bulb Globe Temperature)】
は、熱中症を予防することを目的とした指標です。環境省が運営
ている次のURLにて把握できますので、住んでいる地域をクリック
して把握してみてくださいね。
熱中症予防情報サイト→https://www.wbgt.env.go.jp/

また、今年7月から熱中症への警戒を呼び掛ける「熱中症警戒ア
ラート」が開始されます(関東甲信地方1都8県先行実施)。環
境省と気象庁が共同で運用し、熱中症が極めて高いことが予想さ
れる前日の夕方と当日の朝に発表される予定です。日頃からニュ
ースなどで発信される情報をチェックしておくと良いですね。

その他、定期的な水分補給を促してくれるアプリや、熱中症リス
ク日を通知してくれるアプリなど、自分の現在地や生活リズムに
合わせてアドバイスをしてくれるものをインストールしておくと、
心強いです。

———————————————————-
★ 最後に・・・ ★
———————————————————-
「感染症予防×熱中症予防」が必要なコロナの夏は、誰もが初め
ての経験です。3密(密集・密接・密閉)を避けつつ、周囲への
目配りや声掛けを行いながら、この夏をみんなで乗り越えていき
ましょう。
世界中の人がそれぞれの場所で、自分と大切な人の命を守れます
ように…

こちらも参考に↓

「水分不足にご用心!!」
  https://www.jpm1960.org/kawara/kawaraban/post-24.html

「夏の薬膳でパワフルに!~食事で夏バテ・熱中症予防~」
  https://www.jpm1960.org/kawara/kawaraban/post-36.html

「暑い夏を乗り切るために 小さい子どもや高齢者は屋内での熱
 中症にも注意!!」(政府インターネットテレビ)
 https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9885.html

(参考文献)
・厚労省「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html
・NHKテキスト きょうの健康 2017年7月号 p.80-83
「要注意 熱中症」
・環境省「熱中症予防サイト」https://www.wbgt.env.go.jp/
                         以 上