健保からのお知らせ

2017/2/28

鍼灸師等の施術料が全額立替払い方式に変わります(4月施術分より)

                        平成29年2月28日

被保険者 各位

                       日新電機健康保険組合

 

    鍼灸師等の施術料が全額の立替払い方式に変わります

 

 これまで鍼灸師、あんま・マッサージ師(以下鍼灸師等)の施術料は
受療者が窓口で本人負担分(原則3割)を支払い、残りの施術料は鍼灸師
等からの療養費支給申請書に基づき、当組合から直接鍼灸師等へ支払って
いましたが(「柔道整復師(接骨院・整骨院)受領委任払い」と同じ方法)

平成29年4月以降、受療者が一旦全額立替払いをし、被保険者からの
申請に基づき払戻しをする、「償還払い」に変更します。

なお、柔道整復師(接骨院・整骨院)への支払方法に変更はありません。

 

                記

 

(1)変更後の鍼灸師等施術料の支払い方法

  ①初回施術の場合、<施術を受けようとする部位の診察を受けている>
   かかりつけ医から、鍼灸、あんま・マッサージの施術に対する
   「同意書」を作成してもらう。
  ②鍼灸師等の施術料の全額(10割)を支払い、領収書を受け取る。
    (全額払いのため、保険証の提示は不要です)

  ③1ケ月単位で「療養費支給申請書(はり・きゅう用)」又は
         「療養費支給申請書(あんま・マッサージ用)」に
   治療内容等にそって記入する。

     被保険者が記入する欄と施術師に記入してもらう欄が有ります。

  ④作成した「療養費支給申請書」に「領収書(原本)」と初回施術の
   場合は「医師の同意書(原本)」を添付し、健保組合に提出。

   *(2回目以降)
    医師の同意があることを3ケ月毎に証明する必要があります
    ので、必ず医師の同意を受け、申請書の「医師の同意について」
    の欄をご記入ください。

  ⑤健保組合において審査します。
  ・初回施術の審査は、レセプト記録との照合の他に、医師照会を
   行なう場合があるので、施術後3~4ケ月お待ちいただくこと

   になります。
  ・支給が認められた場合は、指定口座(日新電機(株)従業員は
   給与口座)に振り込みます。

(2)変更の理由

  療養費支給の適正化のため、平成18年4月東京高等裁判所の判決(※1)
  を参考に、健康保険法に定める原則どおり「償還払い」(全額立替払い)

  に改める 。
   ※1 「鍼灸師等の治療にかかる療養費については受領委任払いを認め
     ない取扱いを行っても不法行為を構成するものでない。
     (健保独自の判断でよい)」
(3)実施時期
   平成29年4月施術から
                               以 上