健保からのお知らせ

2018/7/18

平成29年度決算報告 (決算組合会を開催)

 平成30年7月17日に決算組合会を開催し、平成29年度決算報告を
行いました。決算概要は下記のとおり
 

               記 

(1)一般勘定の決算状況
  収入決算額 1,989,809,028円 支出決算額 1,794,014,152円(予算額は、
  収入、支出額とも1,973,799,000円)となり、 195,794,876円の黒字決算
  残金となった。
  収入決算額に含まれる前年度繰越金46,391,000円を除いた単年度収支も
  149,403,876円の黒字決算となった。
(2)今年度の特徴 
 ・データヘルス計画(第1期4年目)
  データに基づく科学的なアプローチにより保健事業の実効性を高め、
  PDCAサイクルに沿って実施するデータヘルス計画に平成26年度
  より着手。
  ・若年層メタボリック対策:30歳代被保険者を対象に定期健康診断後の
    事後面談の形式を取り、梅津、前橋、東京地区にて着手。
  ・「健康白書」の発行:本白書は、加入社員の健康状態について主に生活
    習慣病予防の立場から年齢、性別、事業区分別等により集計分析し
   「健康課題の見える化」を図ったもの。
    平成30年度から始まる第2期データヘルス計画では、本白書を基に
    「事業所別課題解決型のコラボヘルス」をテーマの1つにして取り組む。
 ・保健事業
   特定健診、特定保健指導事業
   ①特定健診:被扶養者(40歳以上)の受診率87.1%(対前年0.2%減)
    被保険者・被扶養者を合わせた受診率は94.0%(対前年0.8%増)
   ②特定保健指導:被保険者の実施率は82.4% (対前年3.5%減)、
           被扶養者の実施率は23.6% (対前年2.2%増)、
    被保険者・被扶養者を合わせた実施率は74.6%(対前年3.4%減)。
   疾病予防事業
    平成25年度から始めた節目年齢人間ドック(*)は5年目となり1巡
    (*40,45,50,55,59歳対象)、
    5年間の平均申込率は78.4%(2,063人中1,617人)、
    脳ドック補助金を受け取ることができる節目ドック受診者(45~59歳、
    1,350人)のうち、915人(68%)が脳ドック(MRI検査)を受検。
(3)介護勘定の決算状況
   収入決算額 227,000,878円  支出決算額 213,012,416円 (予算額は、
   収入、支出額とも 225,692,000円)となり、 13,988,462円の黒字決算
   残金となった。収入決算額に含まれる前年度繰越金9,526,000円を控除し
   た単年度収支も4,462,462円の黒字決算であった。 
                                以 上