健保からのお知らせ

2016/2/29

平成28年4月からの健康保険制度の変更点について

 

 被保険者 各位                平成28年2月29日

 

                        日新電機健康保険組合

 

 

     平成28年4月からの健康保険制度の変更点について

 

  負担の公平化、持続可能な医療保険制度の構築をめざして、平成28年

 4月1日から医療保険制度の改正が予定されています。

 

 被保険者とご家族のみなさんに直接関係するものは、下記のとおりです。

 

               記

 

  ****(平成28年4月から実施されるもの)*****

 

 ①標準報酬月額および標準賞与額の上限の改正

 <給 与>

  (現 行)「58,000円~1,210,000円の47等級」

  (改正後)「58,000円~1,390,000円の50等級」

 <賞 与>

  (現 行)賞与額の1,000円未満を切捨・年度累計で540万円が上限

  (改正後)賞与額の1,000円未満を切捨・年度累計で573万円が上限

 

 ②傷病手当金、出産手当金の計算方法の変更

 

  (現 行)休業日1日につき、標準報酬日額の3分の2相当額

  (改正後)●被保険者期間が1年以上の方

        休業日1日につき、直近12ケ月間の標準報酬月額平均額の

        30分の1の3分の2相当額

       ●被保険者期間が1年未満の方

        次のAかBのいずれか低いほう

        A.被保険者の全加入期間の標準報酬月額平均額の30分の1

          の3分の2相当額

        B.加入している健康保険組合の平均標準報酬日額

 

 ③紹介状なしで大病院を受診する場合等の定額負担の導入

 

  紹介状なしで特定機能病院および500床以上の病院を受診する場合等に

  は、原則として、定額負担を患者に求めることになります。

  金額は各病院で検討中。5千円から1万円の範囲が例示されています。

 

 ④入院時の食事代が段階的に引き上げ

  

  入院と在宅療養の負担の公平等を図る観点から、在宅療養でも負担する

  費用として、食材費相当額に加え、調理費相当額の負担を求めることに

  なります。(住民税非課税等の低所得者等は据え置き)

  (現 行) 260円

  (改正後) 360円(平成28年度から)

        460円(平成30年度から)

 ⑤患者申出療養制度を創設

 

  (現 行) 保険が適用されない医療を受けたとき、保険適用の医療費も

        全額自己負担

  (改正後) 一定の条件を満たす医療であれば、保険診療となる仕組みで、

       厚生労働省で検討中。

      ・全国約100か所の大病院(東大病院などの「臨床研究中核病院

       <全国15か所>」に加え、大学病院など高度な医療技術を提供

       する「特定機能病院<全国80か所超>」)でのみ治療を受ける

       ことができることとされました。

 ⑥海外療養費の支給申請方法の変更

  

  現行の療養費支給請求書、領収書、診療内容明細書に加え、海外に渡航した

  事実が確認できる書類の写しの添付が必要となります。

 ※・業務命令での海外渡航者は、事業主に証明を求める、ことで調整中。

  ・業務命令以外での海外渡航者は、旅券、航空券その他の海外に渡航した

   事実が確認できる書類の写しの添付が必要となります。

                              以 上