「任意一括払制度」とはどういうものですか?

自動車の対人賠償事故を取扱う保険には、自賠責保険と任意保険の対人賠償保険があります。この二つの保険を一つの保険として処理し、二度手間を省く手続きが”任意一括払制度”です。

加害者が任意保険に加入している場合に、被害者との折衝や書類の作成を任意保険会社が一括して行います。被害者にとりましても折衝窓口が任意保険会社に一本化され便利ですが、被害者が拒否した場合は任意一括払を行えません。

なお、自賠責保険は治療費・休業補償費及び慰謝料が保険金として支払われる損害補償ですが、傷害による損害は120万円が限度です。このため、軽易な場合を除き、加害者が任意保険に加入している場合は任意一括払制度の利用をしてください。

Posted in: 交通事故